OKサイン

風俗求人の仕事で必要になる衣装とは

サングラス

キャバクラだと露出度の高いドレスを着たりしますが、風俗でドレスを使うケースはまれです。少なくとも通勤中や待機中は、いつも使っている普段着を着ることになります。横浜の風俗求人の面接では、派手すぎず地味すぎずを基準にして選びます。必要以上に自分をよく見せようとするのは逆効果です。面接担当者は応募者のありのままの姿を確認したいのです。別に服装を基準に採用の合否を決めているわけではありません。
お客が注文したサービスが基本コースのみであれば衣装への気遣いは不要です。時間がスタートしたらすぐに服を脱ぎそのまま浴室に入ります。浴室から出た後も裸のままです。ベッドインするときに再度服を着るようなことはありません。ベッドでのプレイが終わったらもう一度浴室に入り体を洗ってサービス終了です。コンパニオンはサービス中、ほとんど裸のままでいることになります。
特別な衣装が必要になるのは、コスプレなどのオプションサービスを注文したお客を相手にするときだけです。部屋の中に入ったら、女子高生の制服、ブルマ、ナース服、メイド服などに着替えて仕事をすることになります。この衣装は誰が用意するのか、必ず確認するようにしましょう。普通の風俗求人なら制服貸与と書いてあるはずです。このときの有料無料についても聞くようにしましょう。